• 相談料無料
  • 着手金無料

0120-524-589コツジコハヤク

受付時間:9時〜18時【年中無休】

お問い合わせ

ホーム > コラム > マタハラ!妊娠を理由に降格,許される?(5)

マタハラ!妊娠を理由に降格,許される?(5)

 

弁護士法人ウィズの弁護士岡崎秀也です。本コラムでは最近のニュースについて,法律的に解説します。

マタハラ!妊娠を理由に降格,許される?の5回目です。

ハラスメントとして3大ハラスメントがあります。

三大ハラスメント

1 セクハラ

2 パワハラ

3 マタハラ

マタハラ判決の意味は何でしょう。ある判例が出され,大きく報道されるのは,時流を反映しているからと思います。

現在,少子高齢化が叫ばれ,少子化対策(子供を産んでもらう)が不可避になってきています。また,労働力不足が叫ばれ,人材対策,特に女性の活用が必要になってきています。そして,マタハラは妊婦だけの問題でなく,自身や親族の介護や病気がハンディにならない社会を作らなければならないという意味で,男性にも関係していると思います。

マタハラ判決の背後には,こんな,少子化対策,労働力不足の解消,高齢者介護の問題があると考えられます。

 



ページの先頭へ戻る